池袋コミュニティ・カレッジ
トップ>池袋コミュニティ・カレッジ について

池袋コミュニティ・カレッジとは?

池袋コミュニティ・カレッジの活動概要

池袋コミュニティ・カレッジは株式会社セブンカルチャ―ネットワークが運営する会員制のカルチャースクールです。
1979年の開校より、体験を通して学ぶことを主眼に、現代的テーマと時代性を意識し、
社会に繋がる開かれたカルチャーセンターを目指しています。
また、「美術・芸術」をはじめ、120ジャンル約1,300にも及ぶ講座群を現在開設し、お客様に、
"学びと体験の場"をご提供しています。

現在、百貨店でおこなっているカルチャーセンターとしては最大規模、また、カルチャーセンター全体の中でも朝日カルチャーセンター、NHKカルチャー等とならんで業界最大手のひとつに数えられています。
事業内容も従来からの“カルチャービジネス”ばかりではなく、旅との融合講座、大型書店三省堂とのイベント、どんちゃか・理英会幼児教室など、総合的な教室ビジネスを展開しています。

・オリジナリティのある講座群 受講生層は幅広くアクティブ
趣味の領域においても、モノ作りを楽しむ「クラフト・工芸」、ライフスタイルの変化を常に追い続け、日々の暮らしを楽しむ「暮らしの創造」など、従来のカルチャーセンターとはひと味違った領域の講座を開講しています。
こうした事業活動を通じて、当カレッジは常時1万人を超える受講生の方々にお越しいただいておりますが、従来のカルチャーセンターとの最大の違いは、幅広い層に支持されているということです。
「カルチャーセンターはお稽古場」というこれまでの常識に対して、誰でもが気軽に、しかもアクティブに参加できる「新たなコミュニティ」として認知されています。
特に「ダンス」、「花の学校」といったジャンルでは、若い女性からマチュア・シニア女性まで幅広く、圧倒的な支持をいただいております。