トップページへもどる

10月講座■10月5日(土)午後1時30分〜午後3時

10月講座 ゲスト : 中沢 敏明  (映画プロデューサー) 冨樫 森  (映画監督)

新作映画『おしん』の監督:冨樫森さんとプロデューサーの中沢敏明さんをゲストに迎え、映画製作の意図や撮影での裏話を披露いただきました。また、貴重なメイキング映像をもとにキャスト(濱田ここねさん等)のエピソードを語るくだりでは、参加者の皆さまの涙を誘うシーンも見受けられました。講座終了後、ナビゲーターの近衛さんとゲストの方々を囲む懇親会を初めて開催し、監督・プロデュ-サーとのダイレクトコミュニケーションを満喫出来た会となりました。

ゲスト : 中沢 敏明  (映画プロデューサー) 冨樫 森  (映画監督)

■10月ゲスト 中沢 敏明 (映画プロデューサー) 映画プロデューサー。株式会社セデックインターナショナル代表取締役社長。1947年生まれ。日本大学芸術学部を卒業後、三船敏郎が社長を務める「三船プロダクション」に入社し、ドイツ・ミュンヘン支社長に赴任。1982年帰国、セゾングループの映像部門の責任者を務める。独立後、『無能の人』(83)、『岸和田少年愚連隊』(95)、『双生児』(00)、『あずみ』(03)、『蟬しぐれ』(05)、『日本沈没』(06)、『おくりびと』(08)、『十三人の刺客』(10)、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(10)、『一命』(11)など話題作100作品以上の企画や制作を行う。 冨樫 森 (映画監督)
1960年山形県出身。立教大学文学部卒業。『非・バランス』で長編デビューし、ヨコハマ映画祭新人監督賞・東京国際映画祭コンペティション部門公式参加。以降の代表作に『ごめん』(02)、『鉄人28号』(05)。08年『あの空をおぼえてる』がフランスKINOTAYO映画祭グランプリ。近作に『BUNGO 日本文学シネマ「高瀬舟」』(10)『夏がはじまる』(13)がある。

PAGE TOP