時代のニーズに合った約1200の講座・イベントを開講しています。

トップ

トピックス
池袋コミュニティ・カレッジ シネマ コミュニティ 第2回

池袋コミュニティ・カレッジ シネマ コミュニティ 第2回


クリエーターと語る 映画『映像の発見=松本俊夫の時代』
『映像の発見=松本俊夫の時代』(1部~4部・5部)上映+トーク

映像作家としてだけでなく、『映像の発見―アヴァンギャルドとドキュメンタリー』などの著作を通じて制作・理論の両面から「映像とは何か」を問い続けた松本俊夫氏。
記録映画、劇映画、実験映画、ヴィデオ・アートなど、領域を横断して映像を生きた氏の軌跡を追ったドキュメンタリー『映像の発見=松本俊夫の時代』(5部作)を特別上映し、監督とゲストがその時代や映像を創造的に生きることについて語り合います。

cinema02.jpg


上映
映像の発見=松本俊夫の時代5部作(2015年700分)
製作:プロダクション・バンブー 監督:筒井武文 撮影:瀬川龍、小野寺真、鈴木達夫
照明:市川元一 編集:山崎梓 プロデューサー:武井登美 ブルーレイ上映 ©2015筒井武文

第1部 記録映画篇(137分)
主な登場人物:藤原智子、湯浅譲二、観世栄夫、一柳慧、工藤充、佐々木守

1932年生まれの松本俊夫、その青春時代の映画との出会いから、初期の記録映画時代を語る。新理研映画で実験的なPR映画『銀輪』を手がけた後フリーとなり、映画のみならずラジオ、テレビ、演劇と多彩な活動を繰り広げる。

 

第2部 拡張映画篇(153分)
主な登場人物:西嶋憲生、かわなかのぶひろ、波多野哲朗、金井勝、坂尻昌平、高山英男

3面マルチプロジェクション『つぶれかかった右眼のために』(1968)でカオスをはらんだ時代を捉え、大阪70年万博「せんい館」での映像表現に挑戦。第一批評集「映像の発見」の影響力の大きさが各氏の証言から浮かび上がる。

 

第3部 劇映画篇(140分)
主な登場人物:中条省平、渡辺哲也、菊池滋、押切隆世、佐々木伯

松本の劇映画第一作『薔薇の葬列』(1969)から『修羅』(1971)、秋吉久美子のデビュー作ながら一時公開中止となった『十六歳の戦争』(1973)、そして『ドグラ・マグラ』(1988)に至る劇映画の系譜を探る。

 

第4部 実験映画篇(109分)
主な登場人物:川村健一郎

実験映画の流れをたどりつつ、90年代以降の沈黙の意味を問う。2006年に川崎市市民ミュージアムで開催された特集上映「映像の変革」の関連企画展「眩暈の装置:松本俊夫をめぐるインターメディアの鉱脈」でのインスタレーションも記録。そこには松本の遺作が展示されている。

 

第5部 映画運動篇(161分)
松本と同様、映像作家で批評家である筒井武文が松本の書斎を訪ね、批評・映画運動に関する証言をまとめる。「記録映画作家協会」「映像芸術の会」「季刊フィルム」などで共闘した作家たちや、大島渚との論争などについて語られる。

 

監督:筒井 武文
1957年三重県生まれ。東京造形大学在学中に習作『6と9』(1981)を手掛けた後、長編処女作『レディメイド』(1982)を発表。その後、フリーの助監督、フィルム編集者を経て、独立後、 自主制作映画『ゆめこの大冒険』(1986)を3年がかりで完成させ劇場公開。その他に劇団、遊◉機械/全自動シアターの世界を映像化した『学習図鑑』(1987)、3D作品『アリス イン ワンダーランド』(1988)がある。並行して、TV、記録映画、企業CMなど幅広く演出。『おかえり』(篠崎誠、1996)では製作と編集を、『どこまでもいこう』(塩田明彦、1999)では編集を担当。イメージフォーラム、映画美学校、東京芸術大学大学院映像研究科などで後進の育成につとめる。また、映画批評、海外映画人へのインタビューなども多数手がける。監督映画作品に『オーバードライヴ』(2004)、『孤独な惑星』『バッハの肖像』(2010)、『自由なファンシィ』(2015)、『映像の発見=松本俊夫の時代』(2015)がある。現在、東京芸術大学大学院映像研究科映画専攻教授。新作『ホテルニュームーン』(日本・イラン合作)が公開中。

 

11/22トークゲスト

泉 秀樹
音/映像プロデューサー 1968年草月アートセンター勤務。雑誌「季刊フィルム」「JAZZ 批評」の編集に携わる。73年広告代理店I&S BBDOの前身(株)SPNに録音技師として入社。数年後にはセゾングループの企業CI広告制作などを担当。同時に六本木「WAVE館」の設立にかかわり、Video+Book「ボイス in ジャパン」を含む数々の音/映像関連の制作をプロデュース。その後、サウンド・イメージ研究所「サウンド・カフェ・ズミ」を10年にわたり運営した。

 

榎本 了壱
クリエイティブ・ディレクター、プロデューサー 1968年、「季刊FILM」編集デザイン、1969年、渋谷天井桟敷館のデザインを粟津潔氏と製作、「季刊地下演劇」(寺山修司責任編集)の編集デザイン。71年、寺山修司監督作品『書を捨てよ町へ出よう』美術担当。天井棧敷ヨーロッパ公演美術監督。74年、月刊「ビックリハウス」(パルコ出版)を萩原朔美と創刊。1980年~99年、「日本グラフィック展」「オブジェTOKYO展」「URBANART」などをプロデュース。1986年株式会社アタマトテ・インターナショナルを設立。現在、大正大学表現学部長、京都芸術大学客員教授。



bnr_cinema_bn_size266.jpg
bnr_cinema_2.jpg

 
2020年10月22日

ログインはこちら

ご利用登録

体験・見学のお申込

講座

テニス

ゴルフ

体験・見学のお申込 テニス・サッカー休講のご案内

サッカーテクニッククラス

コミカレゴルフ 施設の様子が動画で見られます! くわしくはこちら

公開講座特集 入会金0円なので気軽に受講できます。詳しくはこちら

コミカレテニス

コミカレゴルフ

twitter フォローはこちらから