戻る
進む

停止

  1. TOP
  2. ジュニアテニス

セブンカルチャークラブは
イトーヨーカドー・アリオ屋上にある
お買い物にも便利なスクールです。

ジュニア・保護者様へ

誰かに与えられるのを待つのではなく、自分の目で見て耳で聞いて、自ら考え、学ぶ姿勢を身につけてもらいたいと思っています。テニスを通じ、人間的にも成長が出来る様に全力でサポートをして参ります。
テニスというスポーツは、様々な能力が必要になります。
テニスを楽しんでプレーすることで、必ずお子様達の成長に繋がると信じています。コーチ達と一緒にテニスを楽しんで、沢山学びましょう!

セブンカルチャークラブ
スクールディレクター

石橋 利教(いしばし としのり)

テニスを選ぶ7つのメリット

01

人間形成

テニスは対人競技です。相手のことを考えたり、駆け引きをしたりすることは人間形成に役立ちます。

02

問題解決力

シングルスでは、コート上で一人のプレーとなります。自分自身で問題解決をしようとする意志が必要なスポーツです。

03

協調性

個人競技ですが、スクールでのレッスンはグループで行います。協調性が身につきます。

04

誠実、素直な気持ち

プレー中、セルフジャッジが多いテニス。お互いに気持ちよくプレーするには正直なジャッジが必要。誠実なこころを育みます。

05

テニス愛

テニスはラケットという道具を使うスポーツです。上手に扱うことを覚えることで、道具に愛着を持ち大切にする気持ちが芽生えます。

06

礼儀・マナー

テニスの歴史で培われた礼儀やマナーを身に着けることは、社会に出る準備となります。

07

エイジレス

小さなお子様からご年配の方まで、年齢にあったプレイスタイルで長く楽しめるスポーツです。

【心構え・ルール】
月期レッスンテーマ

テニスの心構えやルール・マナー等、スポーツにとって必要な基本的スキルを
月毎にテーマを決めてお子さまに伝え指導してまいります。

テーマ
4月期/10月期 元気よくあいさつをしよう
5月期/11月期 返事をしっかりとしよう
6月期/12月期 しっかりと相手の話を聞こう
7月期/1月期 諦めない心を身につけよう
8月期/2月期 準備、後片付けをしっかりとしよう
9月期/3月期 素早く行動しよう
4月期/10月期

テーマ

元気よくあいさつをしよう

5月期/11月期

テーマ

返事をしっかりとしよう

6月期/12月期

テーマ

しっかりと相手の話を聞こう

7月期/1月期

テーマ

諦めない心を身につけよう

8月期/2月期

テーマ

準備、後片付けをしっかりとしよう

9月期/3月期

テーマ

素早く行動しよう

レッスンの特徴

  • プレーヤーとしての心構えやルール・マナー等、テニスをプレイをするのに必要な基本的スキルを伝えます。
  • 首都圏11校の規模だからできるキャンプやトーナメントなどのイベントを通じて、お子さまご自身が成長を確認することができます。
  • プログラムは、国際テニス連盟が提唱している「プレイ&ステイ」を採用。
    お子様の身体の成長に合わせた無理のないレッスン内容です。

心構え・マナー

  • ● あいさつ・マナー
  • ● 月ごとのテーマ

成果(試合)

  • ● ジュニアキャンプ
  • ● テニス大会

プログラム

  • ● TENNIS PLAY&STAY

レッスン風景

ジュニアキャンプ
テニス大会

例年7月末に2泊3日のテニスキャンプを開催しています。
セブンカルチャークラブ11店舗から100名規模の参加者が集まります。
親元を離れ、大自然に囲まれた環境で、テニスだけでなくリクリエーションも楽しみ、
仲間たちと3日間を過ごします。

春には合同のテニス大会、夏には地域ごとの
大会が開催されます。また、各店舗単位でも
大会などのイベントが開催され、たくさんの
成長を実感できる機会がございます。

キャンプや試合などを通じて、お子さまのテニス
に対する関心を深め、また目的意識をはっきりと
自覚できることで、更なる成長に繋がります。

全国のテニススクールでも
採用している
こども・
初心者向けプログラム
「TENNIS PLAY & STAY」
を導入

軽量で柔らかいボールからスタートするので、
初めてラケットを持ったその日からラリーやゲームを楽しむことができます。
テニスの楽しさを知り、自分の目標に向かって
テニスを続けることでレベルアップ出来るプログラムです。
国際テニス連盟が提唱し、世界のテニス先進国で
テニスの普及やジュニアのレベルアップを目的に推進されており、
当スクールでも導入しています。

くわしくは各店ページへ

てのひらけっと

「てのひらけっと」とは

手のひらにつけるラケットのことで、テニスを始める前に、まずボールを打つ動作を覚えることができます。

新『小学校学習指導要領解説』(2020年度全面実施)の体育編にテニスが初めて例示されることとなり、幼少期において、テニスがより身近に感じられます。

くわしくは各店ページへ